入れ歯

入れ歯を選択される患者様へ

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合の治療法として現在注目されているのは、しっかり咬めて見た目もよい「インプラント治療」です。

しかし、やはり手術に抵抗がある患者様も少なくないもの。

そこで当院では、入れ歯治療もインプラント治療と同じように力を入れ、患者様のご希望に合わせてベストな選択をご提案できる体制を整えています。

入れ歯の装着に抵抗のある患者様もいらっしゃいますが、最近の入れ歯はとても精巧につくられていますので、違和感なく装着していただけるでしょう。

一緒に、あなたにとって最適な入れ歯についてお話ししましょう。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は使用する素材などによって、保険が適用されるものとそうでないものに分かれます。

保険の入れ歯

素材レジンという歯科用プラスチックにかぎられます。
メリット
  • 保険が適用されるため経済的
デメリット
  • ずれたり外れたりしやすい
  • 見た目があまりよくない
  • 衝撃に弱く壊れやすい

自費の入れ歯

素材レジンという歯科用プラスチックにかぎられます。
メリット
  • 違和感が少なく装着感がよい
  • 見た目がよい
  • 耐久性が高く長持ちする
デメリット
  • 保険が適用されず費用がやや割高

当院の取り扱い入れ歯

当院では主に、以下の入れ歯をお取り扱いしています。

患者様には保険・自費の入れ歯のメリット・デメリットについてしっかりとお伝えし、最終的に患者様ご 自身にお選びいただく形で診療を進めていきますので、安心してご相談ください。ご予算のご相談なども遠慮なくどうぞ。

親身になってご相談に応じます。

レジン床入れ歯(保険)

レジンでつくられたもっとも一般的な入れ歯で、保険が適用されます。

ほとんどの症例に適用できますが、違和感がある、壊れやすいといったデメリットがあります。 

【メリット】
保険が適用されるため経済的
ほとんどの症例に適用可能

金属床入れ歯(自費)

上あご(もしくは下あご)に当たる箇所が金属でできた入れ歯で、ほとんどの症例に適用できます。

床部分を薄くつくることができるため、違和感が少なく、食べ物の温度が感じやすくなります。

【メリット】
違和感が少ない
食べ物の温度がしっかりと伝わる
割れや変形に強く壊れにくい
外れにくい

ノンクラスプデンチャー(自費)

人工歯を固定するための金属のバネがない入れ歯で、ほとんどの症例に適用できます。

入れ歯と気づかれにくい自然な見た目が人気です。

【メリット】
見た目が自然で入れ歯だと気づかれにくい
外れにくい
装着感がよい
金属アレルギーの心配がない